リアップには副作用がある|パッチテストは欠かせない

発毛剤のリスクとは

頭部

症状と治療法

リアップは日本で初めて発毛剤として発売された市販の薬です。AGAに効果がある分、副作用も心配という声も多いです。軽度の副作用では、頭のかゆみ、軽い炎症、かぶれやふけが見られることもあります。また初期脱毛といい、新しい毛が生え変わる際に毛が大量に抜ける時期があります。その後に毛が生えてくるので、その場合はあまり心配はいりません。リアップには5%のミノキシジルが配合されていますが、海外では10%以上配合されている発毛剤が多く出回っていることもあり、リアップは決して濃度の高い配合量ではありません。ですが少量でも副作用を起こす人はいますし、重度となる場合もあります。もともとミノキシジルは高血圧の患者のために投薬されるものなので、低血圧になることがあります。そのほかに動悸、めまい、頭痛やむくみが症状としてまれに出ることが報告されています。実際にリアップの副作用が起こる人は全体の8%で、そのほとんどが頭皮の症状です。症状とまではいかないけれど、なんとなく頭皮がむずむずするという使用者も多いようです。副作用は個人差があるため、もし使用している間に気分が悪くなったら中断し、自己判断は避け薬剤師や医師の指導に従うようにしてください。低血圧、心臓や腎臓に疾患がある人、また高齢である人ほど症状が出やすいので、その場合は十分に注意するようにしましょう。治療としては、使用は中断し様子を見ることが一般的です。持病や服用中の薬がある場合は、必ず使用前にかかりつけの医師に相談しておくと安心です。

男の人

リスクと効果を把握する

リアップは頭皮の血行を促進して発毛を促す育毛剤ですが、医薬品のため副作用がともなうリスクがあります。具体的に起こり得る副作用の症状を事前に把握しておくと、症状への対策も慌てずにできます。リアップは使い続けることで効果を高めてくれるので、その間副作用が気にならない程度であれば問題ありません。

男性

正しい使い方は

発毛効果があることで人気のあるリアップですが、医薬品であるため副作用が出る可能性もあります。しかし、この副作用も、利用者の使い方次第では避けることも可能だと考えられます。しっかりと用量や用法を守り正しい使い方で利用することが大切です。

ボトル

壮年性脱毛症に有効な対策

リアップは厚生労働省から効果有りと認められた第一種医薬品の育毛剤です。リアップには壮年性脱毛症の症状を改善に高い効果があります。しかし、間違った使用で頭皮トラブルなどの副作用が出る場合があります。リアップを過剰に塗布すると頭皮の炎症やフケの原因になりますので、使用の注意を守るようにしましょう。